初心者向け仮想通貨(暗号通貨)の始め方

仮想通貨

仮想通貨(暗号通貨)とは?

仮想通貨(暗号通貨)とは、簡単に言ってしまうと、「インターネット上のお金」です。※以下仮想通貨で統一します。

オンラインゲームなどにある、ゲーム内通貨と似たようなものです。

違いは、そのゲーム内が現実世界ということです。

つまり、現実で使えるデジタル通貨ということです。

電子マネーとの違い

考える女性

「現実で使えるデジタル通貨って、電子マネーとどう違うの?」

そう思う人も当然いるでしょう。

電子マネーとの主な違いは、以下の通りです。

 仮想通貨電子マネー
通貨の種類仮想通貨法定通貨
使用できる場所世界中国内の導入企業
換金性換金できる基本的にチャージすると現金にできない

電子マネーはたしかに現金をその場で出したりしませんが、日本円をチャージして、その日本円で支払いをしています。

そのため、日本の電子マネーは日本国内でしか使えません。

仮想通貨は1度仮想通貨を購入して使用します。

仮想通貨は法定通貨のように国が発行しているわけではないので、世界中どこでも、決済手段として導入してあれば、利用することができます。

また、1度買った仮想通貨を売却すれば、法定通貨に戻すこともできます。

仮想通貨の歴史

仮想通貨

仮想通貨の始まりは、2008年に「サトシナカモト」という人物が、ネット上に公開したビットコインの論文です。

この「サトシナカモト」という人物は未だ不明ですが、ビットコインの最小単位は、彼(?)から取って、『0.00000001BTC=1satoshi』となりました。

2009年1月、サトシナカモトからソフトウェア開発者のHal Finneyにビットコインの送信が行われたのが、最初の取引と言われています。

このときのビットコイン価格は0円です。

初めて法定通貨と交換されたのが2009年10月。

5,050BTCを5.02ドルで購入されました。

そして初めて商品購入に使用されたのが2010年5月。

ピザ2枚と10,000BTCでした。

1BTC約57万円(2019/4/15時点)では考えられないレートですね。

その後、ビットコインはぐんぐんと値段を上げていき、2017年12月には200万円を超えました。

現在(2019年4月)は、仮想通貨の悪いニュースなどが多かったこともあり、1BTC=50万円台にまで下がっています。

仮想通貨の稼ぎ方

お金が育つ

仮想通貨で得られる利益は、大きく分けて3つあります。

売却益

仮想通貨を買ったときよりも高い値段で売却することで得られる利益です。

たとえば、ビットコインを1BTC=50万円で購入し、1BTC=55万円になったときに売却すれば、差額の5万円が利益になります。

レバレッジ取引

一部の仮想通貨の取引所では、仮想通貨のレバレッジ取引ができます。

レバレッジとは、自分の資金を担保に、その資金の何倍もの金額を取引できる方法です。

日本国内の取引所では、GMOコインが5倍または10倍のレバレッジをかけることができます。

マイニング

仮想通貨を採掘(マイニング)して、仮想通貨を得る方法です。

仮想通貨を取引すると、ブロックチェーンと呼ばれる取引台帳に、取引記録(トランザクション)が追記されます。

このとき、過去の取引記録との整合性を取りながら、取引の承認作業を行うことをマイニングと言います。

マイニングを行うと、報酬として仮想通貨が新規発行されて支払われます。

仮想通貨は、マイニングされることで新しく発行されます。

仮想通貨投資を始めるための準備

仮想通貨を始めるには、最低限以下の3つが必要です。

資金

仮想通貨はビットコイン以外にも数がたくさんあります。

ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと呼び、たとえば1イーサリアム(1ETH)は約18,000円、1リップル(1XRP)は約36円で購入できます。

ビットコインも、国内取引所のGMOコインでは、0.0001BTC(約57円)から購入できます。

もちろん、余裕をもって多く資金を用意した方がいいですが、最低でも1,000円あれば始められます。

なぜ1,000円かというと多くの取引所の最低入金額が1,000円なんですよね。

なので最低でも1,000円用意しましょう。

※上記の価格は2019年4月15日時点の価格です。

取引所

仮想通貨を売買するためには、仮想通貨の取引所に口座開設をする必要があります。

取引所を選ぶ際、大事なのがセキュリティです。

セキュリティがしっかりしていないと、ハッキングで仮想通貨が盗まれるなんて被害もありえます。

おすすめの取引所はGMOコインで、信頼度、セキュリティ共に高い評価を得ています。

ウォレット

購入した仮想通貨は、ウォレットと呼ばれる仮想通貨のお財布で保管します。

取引所内に預けておくことも可能ですが、ハッキングで盗まれる被害が絶対にないとは言い切れません。

自身でウォレットを用意し、購入した仮想通貨を保管しておくといいでしょう。

取引方法

主な取引の方法です。

取引の流れ

取引の流れは以下の通りです。

  1. 取引所に口座を開設する
  2. 取引所の口座に入金する
  3. 通貨を選ぶ
  4. 購入する
  5. 仮想通貨で取引を行う

仮想通貨は、買ったあと売却する以外にも、仮想通貨決済導入店での買い物や、仮想通貨の購入などにも利用します。

仮想通貨は「お金」ですからね。

仮想通貨で仮想通貨を買うというのは、たとえば日本円でビットコインを買い、ビットコインでアルトコインを買うことです。

仮想通貨は国内取引所よりも、海外取引所の方が取り扱っている種類が多く、大抵ビットコインとの売買で取引されています。

仮想通貨は1,000種類以上ありますが、日本国内の取引所では、10種類程度しか買えません。

しかし、海外でしか扱っていない、知名度の低い仮想通貨は、価格も安く将来大きく値上がりする可能性があります。

そのため、日本国内の取引所でビットコインを買い、海外取引所に送り、別の仮想通貨を購入して値上がりを待つという方法をしている人もいます。

最終的には、仮想通貨を商品の購入に使うか、値上がり後売却し利益を得るのが一般的です。

取引可能時間

仮想通貨の取引は、24時間365日いつでも行えます(取引所のメンテナンス時間を除く)。

仮想通貨のメリット

仮想通貨のメリットは、大きく分けて3つあります。

少額から始められる

ビットコインを始め、仮想通貨は1,000円もあれば購入できます。

また、ポイントサイトのポイント交換で仮想通貨が手に入るだけでなく、faucetと呼ばれる無料で少額の仮想通貨が貰えるサイトもあります。

無料、または1,000円もあれば取引できるので、気軽に始められます。

大きく稼げる可能性がある

ビットコインは今でこそ価格の上昇が落ち着きましたが、一時期連日連夜価格が上昇し続けたときもありました。

まさに、持っているだけでお金が増える状態です。

海外取引所で取引できる仮想通貨の中には、今は安いけど将来大きく値上がりする可能性がある通貨も存在します。

一晩で資産が5倍10倍なんてこともありえます。

まさに夢のある世界です。

送金の自由度が高く手数料も安い

仮想通貨はドルや円といった法定通貨ではなく、世界共通の通貨です。

そのため、海外に送金して使う際に、両替や仲介業者へ手数料を支払うことなく送金できます(手数料が全くないわけではありません)。

また、銀行などの仲介業者を経由せず、個人間で直接送金できるため、面倒な手続きもなく、迅速な取引が可能です。

素早く、安く、面倒な手続きなしで取引できることから、仮想通貨は普及してきました。

仮想通貨のデメリット

仮想通貨のデメリットは、大きく分けて3つあります。

価格の変動が激しい

仮想通貨の価格は、一定ではなく、常に変動しています。

為替相場も変動はしていますが、仮想通貨の変動はもっと激しく、ビットコインは数分で数万円動くこともあります。

そのため、決済手段としてよりも、投機として見られることが多いです。

価値が保証されていない

仮想通貨は法定通貨と違い、国による価値の保証がされていません。

ドルや円は、発行している国が価値を認めているからこそ、使うことができます。

しかし、仮想通貨は国が価値を認めているわけではないので、いきなり無価値になる可能性もあります。

実際、世界中でたくさんの企業や団体が日々仮想通貨を作っていますが、価値が出るのはほんの一握り。

ほとんどの仮想通貨は、価値が出る前にプロジェクト破綻などで消えていきます。

ハッキングなどにより消失する危険性がある

仮想通貨は基本的にインターネット上にあるため、ハッキングにより盗まれるリスクがあります。

Mt. Gox(マウントゴックス)やCoincheck(コインチェック)の事件が有名ですね。

対策としては、取引所に仮想通貨を預けっぱなしにせず、インターネットから切り離されたコールドウォレットに保管しておくのが安全です。

仮想通貨はまだまだ発展途上

仮想通貨は日本ではまだまだ浸透されていません。

それどころか、Coincheck(コインチェック)のネム流出事件のような、悪い印象を与えてしまう報道が多いです。

しかし、利便性の高さから、世界的にはどんどん広まっていますし、日本でも導入企業は少しずつ増えています。

仮想通貨がもっと身近なものになったときのために、今から投資しておくのもいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました