初心者向け株式投資の始め方

株式市場

投資の中でもっとも代表的なのが、この株式投資です。

株式投資はポイントサイト副業などとは違い、資金が必要だったり、損をするリスクもあります。

ですが、しっかりと勉強して取り組めば、大きく資金を増やすことが可能です。

また、株式投資には、株主優待といった魅力もあります。

この記事では、株式投資の基本について解説します。

そもそも株とは?

株とは、企業が資金を調達するために発行するものです。

企業は株を発行し、その株を投資家に買ってもらうことで、資金を調達します。

銀行からの融資とは違い、株で集めた資金には返済義務がなく、利子を払う必要がないのが、企業側のメリットです。

一方、出資する投資家にとってのメリットは、企業の業績によって、配当金や株主優待が貰えることです。

株式投資の稼ぎ方

お金が育つ

株式投資で得られる利益は、大きく分けて3つあります。

売却益

売却益とは、買った株を売却することで得られる利益です。

たとえば、500円の株を購入して、1,000円になった時に売却すれば、差額の500円が利益になります。

もちろん、買った株の値段が下がることもあります。

売却益で利益を出すには、いかに安く買って高く売るかが重要になります。

配当金

配当金とは、企業が利益の一部を株主(株を保有している人)に分配することです。

配当金は、各企業の決算後に、1株につき○○円という形で分配されます。

ただし、配当金を受け取るためには、権利確定日に株を保有している必要があります。

売却益と違い、年に1、2回受け取れます。

また、企業の業績によって、配当金がないこともあります。

株主優待

株主優待とは、企業が株主に商品やサービスをプレゼントするものです。

配当金と同じく、権利確定日に株主である必要があります。

注意点として、株主優待は「○株以上保有している人」など、条件があります。

条件以下の株数しか保有していない場合、株主優待は受けられません。

また、企業によっては株主優待がないところもあります。

株式投資を始めるための準備

株式投資を始めるには、最低限以下の2つが必要です。

資金

株を買うためにはお金が必要です。

株によって金額は様々です。

高価なものですと数十万円必要なものもありますが、10万円以下で買えるものもあります。

また、株は通常100株や1,000株ずつの売買が基本です(単元株数)。

1株500円でも、単元株数が100株の場合、1単元買うのに500円×100株で50,000円必要となります。

しかし、株によっては単元未満株というものがあります。

単元未満株というのは、1単元未満の株数で売買できる、証券会社が提供しているサービスです。

1株から買うこともできるので、初心者におすすめです。

証券口座

株を売買するためには、証券口座が必要となります。

証券口座は色々あり、自分に合ったものや信用できる証券会社を選びましょう。

取引方法

株式市場

主な取引の方法です。

取引の流れ

取引の流れは以下の通りです。

  1. 証券口座を開設する
  2. 証券口座に入金する
  3. 買う株を選ぶ
  4. 株を買う
  5. 株を売る(利益確定or損失確定)

買う株を選ぶための勉強など、覚えることは多いですが、流れとしては難しいことはありません。

証券口座を開設し入金したら、あとは株を売買するだけです。

株を売買するときは、売買する株数と金額を指定して注文を出します。

この注文が成立することを約定(やくじょう)といいます。

株を売却する判断基準は、目標金額まで株価が上昇し、利益確定するときか、株価が下がり、これ以上損失が大きくなる前に株を手放す損切りをするときです。

利益確定、損切りの金額を決めてから投資をすることが大切です。

取引可能時間

株の取引は24時間365日いつでもできるわけではありません。

株式市場が開いている平日の9時~11時30分(前場)と、12時30分~15時(後場)のみ、売買できます。

この取引可能時間を立会時間といいます。

取引の注文は立会時間外でも出せるので、会社員の方などは、仕事が終わった後に注文することが可能です。

立会時間外に出した注文は、次の立会時間開始後に、取引されます。

株式投資のメリット

株式投資のメリットは、大きく分けて2つあります。

大きく稼げる

株式投資は銀行預金に比べて、大きく稼げます。

売却益だけでなく、配当金や株主優待といったものでも稼げるため、お金を銀行に預けておくだけよりも、高い利益が見込めます。

配当金、株主優待が貰える

株を保有することで、その株を発行している企業から、配当金や株主優待が貰えます。

配当金や株主優待は必ず貰えるわけではありませんが、売却益と違い、株を保有しているだけで貰えるのが魅力です。

株式投資のデメリット

株式投資のデメリットです。

損をする可能性がある

株式投資は株価の下落によって、損失を出す可能性があります。

企業の業績悪化や、政治や自然災害など、予測できないことで株価が下がることもあります。

また、企業が倒産した場合、その会社の株は無価値になります。

そのため、いかに損切りできるかが重要になります。

株式投資は魅力が多い

株式投資は大きく稼げるだけでなく、配当金や株主優待といった魅力があります。

しかし、投資である以上損をする可能性もあります。

資金と証券口座があれば誰でも株式投資を始められますが、稼ぐためにはしっかりと勉強をしていくことが大切です。

しっかりと知識を身に着け、稼いでいってください。

タイトルとURLをコピーしました