初心者向けFX(外国為替証拠金取引)の始め方

為替チャート 投資

FXに興味があるけど、大損したという話を聞いたことがあるから怖い。

そう思っている人は多いと思います。

確かに、FXには最大25倍のレバレッジというものがあるため、損失が大きくなりやすいデメリットがあります。

しかし、しっかりと勉強することで、外貨預金よりも早く大きく資金を増やすことが可能です。

この記事では、FXの基本について解説します。

FX(外国為替証拠金取引)とは?

FX(外国為替証拠金取引)とは、「Foreign Exchange」の略で、外国の通貨を売買する取引のことです。

たとえば、1ドル100円のときにドルを10,000円分(100ドル)購入します。

そして1ドル110円のときに100ドル売却すると、差額の1,000円が利益となります。

このように、ドルやユーロといった外国の通貨を売買する取引が、FXです。

取引をするためには、FX会社の口座に証拠金を入金する必要があります。

外貨預金との違い

天秤

外貨預金とは、日本円ではなく、外国の通貨を買って預金することです。

基本的に、外国通貨の方が日本円よりも金利が高く、貰える利息も多いです。

FXと外貨預金は、どちらも外国の通貨を取引するという意味で似ています。

では、FXと外貨預金の違いを確認し、どちらがお得なのか見てみましょう。

 FX外貨預金
手数料0.3銭~1円~
金利高い普通預金は低いが定期預金は高い
取引開始方法売り・買い、どちらからも可能買いからのみ
レバレッジ最大25倍(国内)なし
資金保護信託保全ありなし
リスク高い低い

比較すると、FXの方がメリットが多いでしょうか。

順番に1つずつ見ていきます。

手数料

手数料は大きくFXに軍配が挙がるでしょう。

外貨預金は、大手銀行では1ドルあたり片道1円(100銭)の手数料が発生します。

つまり、1ドルの売買に2円(200銭)もの手数料が発生することになります。

近年、ネット銀行を中心に多少手数料が安くなってはいますが、それでもFXの1ドル0.3銭(FX会社によって違います)には遠く及びません。

金利

金利は、定期預金が最も高く、次いでFXのスワップポイント、普通預金の順です。

スワップポイントとは、2種類の通貨間(ドルと円、ユーロと円など)の金利差の調整分のことです。

例えば、金利の低い日本円で、トルコリラや南アフリカランドといった高金利通貨を買うと、保有しているだけで金利差を受け取れます(受け取るタイミングはFX会社によって異なります)。

取引開始方法

外貨預金では、外国の通貨を買うことからしか始められませんが、FXは外貨を売って安くなったところで買い戻す「売り」から始めることができます。

そのため、相場の下落局面でも利益を出すことができます。

レバレッジ

FXでは、レバレッジを活用することで、預けた証拠金以上の取引が可能になります。

レバレッジは最大25倍までかけられるので、たとえば10万円の証拠金で、250万円分の取引が可能になります。

レバレッジを大きくかけることで利益は大きくなりますが、損失も大きくなるリスクがあります。

資金保護

意外に思われるかもしれませんが、外貨預金は預金保険の対象外です。

そのため、銀行が経営破綻しても、預けた外貨が戻ってくる保証はありません。

しかし、FXは信託保全が義務付けられており、FX会社が倒産しても、預けている証拠金が全額返還されます。

リスク

FXはかけるレバレッジが大きいほど、リスクも大きくなります。

外貨預金は一見、リスクがないように見えますが、預金保険の対象外のため、銀行の経営破綻で失う危険性があります。

FXではレバレッジの調整で、外貨預金は信頼できる銀行を選ぶことが、リスク軽減となります。

FXの稼ぎ方

お金が育つ

FXで得られる利益は、大きく分けて2つあります。

為替差益

為替差益とは、為替レートの変動により生じる利益のことです。

外貨を安く買って高く売る(高く売って安く買い戻す)ことで、利益を得られます。

外貨預金と違い、売りから始めることができるので、円高、円安どちらであっても利益を出すことが可能です。

スワップポイント

スワップポイントとは、1日保有するごとにもらえる金利のことです。

金利は通貨によって違うので、低金利の通貨で高金利の通貨を買うと、保有した日数分だけ金利差を受け取ることができます。

ただし、売りから入る場合や、高金利の通貨で低金利の通貨を買うと、金利差を支払う場合もあります。

FXを始めるための準備

FXを始めるには、最低限以下の2つが必要です。

資金

FXで取引をするためには、証拠金と呼ばれる資金が必須です。

FXの取引では、取引通貨単位というものが決められています。

FX会社によって取引単位は変わりますが、1,000通貨単位か10,000通貨単位が一般的です。

1ドル100円で、ドル円(ドルと円の組み合わせ)を1,000通貨の取引をする場合、必要な証拠金は、

100(円)×1,000(通貨)÷25(レバレッジ)=4,000円

となります。

ただし、これは最大レバレッジに設定した場合ですので、余裕をもった資金を入れておきましょう。

取引口座

取引をするためには、FX会社に口座が必要になります。

FX会社によって特徴があり、取引できる通貨の種類が多かったり、スプレッド(通貨の買いと売りの価格差。FXの実質的な手数料)が小さかったり、取引通貨単位に違いがあったりします。

初心者の方がFXを始める場合、少額で始められる(最低取引通貨単位が少ない)会社を選ぶといいです。

おすすめのFX会社は『SBI FX TRADE』です。

  • 1通貨(ドル円だと約4円)から取引可能!
  • 業界最狭水準のスプレッド!
  • 業界最良水準のスワップポイント!
  • 業界トップクラスの26通貨ペア取引可能!
  • 口座開設で500円プレゼント!

私も長年お世話になっていますが、トップクラスのFX会社です。

どこのFX会社を使おうか悩んでいる人は、ぜひSBI FX TRADEを使ってみてください。

取引方法

為替チャート

取引の流れ

取引の流れは以下の通りです。

  1. FX口座を開設する
  2. FX口座に入金する
  3. 通貨を選ぶ
  4. 買い(売り)で注文する
  5. 通貨を売って(買い戻して)損益確定or強制ロスカット

通貨を選ぶための勉強など、覚えることは多いですが、流れとしては難しいことはありません。

FX口座を開設し入金したら、あとは通貨を売買するだけです。

通貨を売買するときは、売買する通貨数と金額を指定して注文を出します。

この注文が成立することを約定(やくじょう)といいます。

また、FXにはロスカットという機能があります。

ロスカットとは、証拠金維持率(取引金額に対して、含み損益を加味した証拠金の残高の割合)がFX会社の定める割合を下回った場合、強制的にポジション(保有している通貨)を決済するシステムのことです。

つまり、損失が一定以上になった場合、これ以上損失が増えないようにしてくれるわけです。

ロスカットになるのは、損失が確定して嫌だと思うかもしれませんが、投資家を守る大事なものであると認識しましょう。

ロスカットになる前に損切りできた方が、より損失を減らせます。

取引可能時間

FXは土日取引ができません(祝日はできます)。

また、FX会社のメンテナンスなどで取引できない時間もあります。

ですが、基本的に土日以外の24時間取引可能です。

会社員の方でも、仕事が終わって帰宅してから取引できるのが魅力ですね。

FXのメリット

少額から始められる

FXは最大25倍のレバレッジがあるため、少額から始められます。

ドル円を1,000通貨取引なら、約4,000円~5,000円あればできます。

ただし、少ない資金でハイレバレッジ取引を行うと、それだけロスカットされやすくなる危険性もあります。

少額から可能ですが、数万~10万円くらいは用意しておくといいでしょう。

外貨預金より手数料が安い

1ドルの売買に2円(200銭)もの手数料が発生する外貨預金に比べて、FXは1ドル0.3銭(FX会社によって変動あり)です。

外貨預金がおすすめできないというわけではありませんが、手数料に関しては、FXが圧倒的にお得です。

下落局面でも利益が出せる

FXは「売り」から入ることもできるため、相場が下がりそうなときでも利益を狙えます。

株式投資にも売りから入る「空売り」というものがありますが、株の場合、専用の信用取引の口座開設や、6か月の期限付きなど制限があります。

FXも場合によってはスワップポイントの支払いが発生しますが、買いと売り、同じ口座でできるので、手間がありません。

下がりそうと思ったときに、即座に売り取引ができるのが魅力ですね。

24時間取引可能

FXは土日とFX会社のメンテナンス時間を除いて、24時間取引可能です。

このため、会社員の方でも、仕事が終わって帰宅してから取引を行うことが可能です。

FXのデメリット

損失が大きくなる可能性がある

大きく利益が狙えるレバレッジですが、レバレッジが大きいと、相場が想定と逆に動いたとき、損失も大きくなります。

レバレッジを最大の25倍なんかにすると、一瞬でロスカットなんてこともありえます。

取引をする際は、レバレッジをかけすぎないことや、損切りする場所を決めておくなど、マイルールを決めて徹底しましょう。

FXはハイリスクハイリターン!

FXは大きな利益を狙える反面、大きな損失を出すリスクがあります。

早く大きな利益が狙いたくて、ハイレバレッジな取引をしてしまい、お金を失っていく人も多いです。

FXで稼ぐためには、徹底したリスク、資金管理が必要になります。

簡単に稼げる世界ではありませんが、大金を手にした人もいます。

まずは勉強と自己管理をしっかり行い、FXの世界で生き残る術を身に着けてください。

タイトルとURLをコピーしました